FC2ブログ

気になる就活・企業ニュースのまとめ~志望動機の巣~

IT(情報)

情報収集で内定を勝ち取ろう

ヤフー、1年かけて全店舗を!?

[ 通信サービス]

TB(0) | CO(0) | *Edit

【ヤフー、1年で全店舗を!?】


検索エンジンをはじめとしたポータルサイトの運営を
主力事業としている「ヤフー」は、

▲PageTop

NTTデータ、海外事業を見直す

[ システム・ソフト]

TB(0) | CO(1) | *Edit

【NTTデータ、海外事業を見直し】


日本のシステムインテグレータであり、情報サービス事業では
業界最大手の「NTTデータ」が海外事業の見直しを検討します。

NTTデータは2005年以降、M&Aを果敢に展開。
海外子会社は150社以上となっています。
今回の見直しは、M&Aにより発生した業務の重複や
ムダを排除する方針です。


日本企業は買収先の独立性を重視し、経営体制の
大幅な見直しを先延ばしする傾向があります。NTTデータも
例外でなく、経営陣を動かしたのは、むしろ海外子会社側でした。


また再編の概要は、2013年4月には「海外本社」を設立し、
その傘下に「米州」、「欧州・中東・アフリカ」、
「アジア・太平洋」、「中国」の4地域の統括会社を配置。
各地域会社は子会社を効率よく束ねることで、経営の
スピードを上げ、相乗効果を引き出しながら顧客の
利便性を高めるサービスを幅広く売り込む予定です。


グローバル展開で先行するIBMなどに対し、NTTデータ幹部は
「組織力の差で負ける場面もあった」と語り、組織再編をテコに
競争力を高める考えです。同時に、今期中に海外子会社でIFRS
早期導入。これは、会計基準を統一することで、
海外グループ会社の状況を把握しやすくするのが狙いです。


そして、海外事業を現地で行う上で大事なことは、
「現地に適した事業展開」を行うことです。
国内事業のやり方を海外現地に適用しても、多くの場合は
失敗に終わります。

国内企業が陥いりやすい失敗は、本社が全て海外子会社に
命令口調でおしつけるか、海外子会社に経営を全て任せてしまう
ことです。海外子会社は現地のことを良く知っており、現地に
関する情報は本社より質及び量の点で本社とは比になりません。


しかし、全てを海外子会社に委ねてはうまく行きません。
本社は海外子会社が本社の方針にのっとり、経営を適切に
行うように観察し、指導・監督する必要があるのです。
つまり、本社と現地間の意思疎通(コミュニケーション)を徹底。
本社と現地子会社の各々の役割分担を明確化して、
コミュニケーションを同等の立場で行うことが大事なのです。


そして、同等のコミュニケーションをするには
経営の仕組み・経理財務の仕組み・専門用語などを
共通にして、経営の透明性を高めることが必要です。
経営のプラットフォームを共通化して、同じ土俵で
共通認識を持ちながら
、本社と海外子会社間の意思疎通を
図っていくことが円滑な運営につながります。
____________________

(過去のデータなので「参考」として閲覧して下さい。)

【NTTデータのデータ】

平均年収:789万円
平均年齢:35,8歳
従業員数:9,670名(2010年3月31日現在)
(2011卒データ)
※2012卒の年収と平均年齢が記載されて
いなかったため、2011卒を参考にしました。

【2011卒の選考内容(SE職)】

筆記試験:数学・国語・性格(テストセンターやwebテスト)
・WEB-CAB
・TAL
・テストセンター

面接:3回程度

<エントリーシート>

志望理由(150文字以内)
学生時代に力を入れたことを300文字以内。
NTTデータに入社してやってみたいことを300文字以内。
あなたの強みとそれをどう活かしたいか200文字以内。
あなたの弱みとそれをどう克服したいか200文字以内。
10年後に実現したい夢について150文字以内。
趣味・特技を50文字以内。


2011/8/20


記事を書く糧になりますので、お手数でなければ
↓に一票お願い致します。

FC2Blog Ranking

▲PageTop

【KDDIも参入 ヘビーユーザーに速度制限を】

[ 通信サービス]

TB(0) | CO(0) | *Edit

【KDDIも? スマートフォンに速度制限を】

大手通信事業者のKDDI(au)は8月15日、スマートフォンで大量のデータを
やり取りした利用者に対して、速度制限を設けることを発表しました。
この制限は今年10月1日から開始され、制限対象者は「前日まで3日間の
データ通信量が300万パケット(1パケットは128バイト)以上の利用者です。

300万パケットを超え、制限対象になった場合でも、通信の切断はしませんが、
当日の午後1時から24時間速度を制限するとのことです。
しかし、多くのスマートフォン利用者はこの速度制限に該当致しません。
該当するのは全体の3、4%の利用者と推察されています。

該当しない可能性が高いとしても、300万パケットというのは具体性に欠落します。
よって、もう少し詳細にご説明致します。
300パケットは4メガ(メガは100万)バイトに相当する4分間の
楽曲を約90曲取り込んだ際の通信料に相当します。

また速度制限につきましては、携帯各社がすでに導入済みです。
この背景には「データ通信の定額サービスの普及」があり、
一部のヘビーユーザーによる大量データ通信が原因で制限を設けています。
速度制限を一部の利用者に設けるのは、一般的な使用方法をしている
多くのユーザーに影響がでるのを防ぐためです。

そして携帯電話最大手のNTTドコモも、直近3日間のデータ通信量が
300万パケットを超えた場合、速度制限をする場合があるとしています。
_________________________________

KDDI情報

平均年収--
従業員数11,374人
平均年齢40.1歳

※現在、KDDIの年収は不明ですが、2011年度版四季報の
データによると年収905万、平均年齢39歳でした。
しかし、震災の影響で年収が変わる可能性があるので、
参考程度にして下さい。

2011/8/15


記事を書く糧になりますので、お手数でなければ
↓に一票お願い致します。

FC2Blog Ranking

▲PageTop

電子商取引大手【楽天】 電子書籍ビジネスへ殴りこみ!?

[ 通信サービス]

TB(0) | CO(0) | *Edit

【楽天、電子書籍に目をつける】

楽天は8月10日、インターネット上に電子書籍を配信するサイト
「Raboo(ラブー)」を開設しました。
配信先はパナソニックのタブレット型専用端末です。
この電子書籍端末の価格は3万4800円。年内には
ソニーの端末やスマートフォンへの拡大を予定しています。


また、楽天イーブック事業の担当者は
「紙の書籍を取り扱う楽天の強みも強調したい。
検索により、読みたい書籍が電子化されていない場合でも、
紙の書籍は用意する。つまり、ユーザーに電子書籍と
紙の書籍の両方を選択できる
ような環境を提供できた」
と語りました。

同社は「人気書籍の先行配信サービス」や「試し読み」など
紙では提供できない電子書籍ならではのサービスを展開していくようです。

楽天はいずれ電子書籍の購入場所や端末の買い替えに
左右されない環境
を提供したいといいます。
どこで電子書籍を買っても、端末を変更しても、
読み続けることが可能になるのです。

電子商取引の国内最大手、楽天が電子書籍ビジネスに参入することで
同ビジネスの競争は激化するでしょう。
その動向にも注目したいところです。

2011/8/11


記事を書く糧になりますので、お手数でなければ
↓に一票お願い致します。

FC2Blog Ranking

▲PageTop

【KDDI】 新機種スマートフォン発売予定

[ 通信サービス]

TB(0) | CO(0) | *Edit

【KDDI,新機種発売・・・Windows版スマートフォン】

KDDIは2011年7月27日、高機能携帯電話(スマートフォン)
の新機種を同年9月に発売すると発表しました。
このスマートフォンには、米マイクロソフトの最新基本ソフト
「Windows Phone7.5」を搭載しています。
このOSを標準搭載した端末は、まだ例が無くKDDIが世界初。
米マイクロソフトはスマートフォンで遅れをとったため、
この新OSで挽回を目論むつもりです。

Windows Phoneは、携帯端末用OS「Windows Mobile」の
流れを汲むスマートフォンのプラットフォームです。
日本国内では、2010年夏に発売された「Windows Mobile 6.5」以降、
新製品が登場していません。Windows Phoneの最新バージョンは
2010年10月にリリースされた「Windows Phone 7」がありますが、
国内では発売されていないのです。

Windows Phone7.5の特徴は、ユーザーが簡単に使えるように
タイル状のアイコンが並ぶ操作画面を採用したことにあります。
また、ツイッターやフェイスブックの情報も見やすくなったようです。

KDDIはAndroid搭載スマートフォンにも注力していますが、
2010年にはWindows Mobile 6.5を搭載した東芝製の端末
「IS02」を提供していました。27日に発表される新製品も
Windows Phone端末となります。


記事を書く糧になりますので、お手数でなければ
↓に一票お願い致します。

FC2Blog Ranking

▲PageTop

««

Menu

カテゴリーメニュー

就活サイトランキング

QRコード

QR

全記事表示リンク